WordPressのローカル開発環境を整える

カテゴリ WordPress

テーマ開発やプラグイン開発の際にWordPressのローカル開発環境を整える必要があるが、Local by Flywheelを使うと最高に楽。

サイトの追加

サイトを準備するディレクトリはデフォルト ~/Local Sites/(サイト名) でもいいが、別のディレクトリも選択できる。

CONTINUE を押すと“ファイルを上書きしてしまうかもしれません”のようなアラートがでるが、app/logs/ (+Custom のみ conf/) ディレクトリ以外は上書きされない。
.git/ とかあっても上書きされない。大丈夫。

環境の設定は本番サーバに合わせるか何でもいいが、 Preferred でなく、 Custom を選択しておいたほうが柔軟ではある。

Preferred

conf/ ディレクトリが出力されないため、今後一切のサーバの設定ができない。プラグインの確認など単発で利用する分にはこちらでも問題ない。

Custom

conf/ ディレクトリが作成され、 php.ini やApacheの設定が変更可能となる。

Custom 既存の php.ini の設定では、メモリ上限やファイルのアップロード上限などをかなりゆるく設定してあるので、特に変更する必要はないだろう。

データベースの状態管理

Preferred / Custom ともに、ローカルサーバを停止させると app/sql/ ディレクトリが作成され、DBの状態が .sql ファイルとして出力される。

これを .git で管理すればいいだけ。

.gitignore

.gitignore はお好みで。

.gitignore

.idea
/logs
/app/public/*
!/app/public/wp-content
/app/public/wp-content/plugins
/app/public/wp-content/languages
/app/public/wp-content/themes/twentynineteen
/app/public/wp-content/themes/twentyseventeen
/app/public/wp-content/themes/twentysixteen